管理栄養士KIMIKOの食の情報館

私たちは食べたものできています。管理栄養士を職業とするKIMIKOが食や栄養についての情報をお知らせします。

食材

お酢の魅力♪発酵パワーで腸活のすすめ!

投稿日:2018年6月3日 更新日:

酢は昔から日本料理に欠かせない存在です。
寿司や酢の物、ポン酢醤油など、食卓に上がる場面も多いのではないでしょうか。

この「酢」ですが、どのように作られているかご存知でしょうか?

 

スポンサードリンク

「酢」はどうやってできる?

一般的な醸造酢は、穀物や果実の糖からアルコールを作り、酢酸菌を加えて発酵させて作られます。
殺菌作用のあるアルコールの中では、一般的な菌は死滅してしまいますが、この酢酸菌はアルコールの表面に菌膜を作り、空気中の酸素を利用して発酵を行います。

 

スポンサードリンク

「酢」の効能は?

酸味のもととなるのは酢酸やクエン酸などの多糖類有機酸です。

クエン酸は、摂取した食物を体内でエネルギーに変える時に体内にたまった老廃物を排出させます。
よって、酢とエネルギー源である糖質や糖質の代謝を促すビタミンB1を一緒に摂取するとスタタナ増進疲労回復に効果的です。

 

また、酢のクエン酸にはカルシウムやマグネシウムなどを体内に吸収されにくいミネラルと結びつき、効率よく吸収できる作用があります。

 

腸内環境を良くする働きも!

酢には抗菌効果があるため、腸内の悪玉菌を減らす作用があります。
さらに、酢に含まれているグルコン酸は善玉菌のエサになります。
したがって、悪玉菌が減り、善玉菌がふえることにより腸の血流がよくなり、蠕動運動が活発になります。

便秘が改善すると骨格筋の血流が良くなるため、疲労物質が排出されやすく、疲れにくい、強い体になるというわけです。

 

「酢」のおすすめととり方

  • 1日大さじ1~2杯で健康維持に。
    料理の調味料として、大さじ1~2杯程度の使用が目安です。
  • 空腹時を避けましょう。
    酢を空腹時に摂ると傷めてしまいます。食事中や食後にとるのがおススメです。
  • 飲む「酢」なら黒酢がおすすめ。
    黒酢は長期熟成させたもので、豊富なアミノ酸が糖分と反応することで熟成するにつれて黒く変色します。クエン酸も多いので飲料にぴったりです。

 

さまざまな酢の種類

最後に、酢の種類についてまとめました。
お好みに合わせて、また料理に合わせて使用してみてください。

  • 米酢
    米とこうじを原料とした穀物酢。米のうまみと甘みでまろやかな味わいとなっています。
  • ぶどう酢(ワインビネガー)
    ぶどう果汁またはワインを原料とした果実酢。白と赤の2種類が一般的で、ワインのような香りがします。
  • りんご酢
    りんごを原料とした果実酢。爽やかな香りとソフトな口当たりが特徴。
  • 麦芽酢(モルトビネガー)
    麦芽に含まれる酵素を利用し、大麦、ライ麦、とうもろこしなどを原料とした穀物酢。ビールのような香りがあります。
  • バルサミコ酢
    濃縮したぶどう果汁を木樽で長期間熟成させたもの。黒褐色で芳醇な香りがあり、酸味は弱く、まろやかな甘みがあります。
  • 中国黒酢
    もち米を主原料に用い、ふすまと合わせて長期間酢酸発酵させた穀物酢。香ばしく、酸味は少なく、甘みがあります。

スポンサードリンク

-食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夏はトマト。リコピンや3大抗酸化ビタミンで健康促進。

まもなくゴールデンウィーク。 気温も高くなり、夏を思わせる日も増えてきています。 そんな夏野菜の代名詞といえば「トマト」ですね。 「トマトが赤くなると、医者が青くなる」という言葉があるように、私たちの …

5/26満天青空レストラン オスミックトマト 高糖度フルーツトマト!

夏野菜の代名詞といえば「トマト」。 その中でも特に甘い「オスミックトマト」をご存知ですか?

発芽にんにくを食べてみました

私は休みの日には農産物直売所に行くのが日課になっています。 場合によっては2件3件はしごすることもあります。 直売所の良い所は 新鮮な旬の野菜が手に入る そしてスーパーより値段が安い(物によってはすっ …

乳酸菌がおなかの調子を整えるヨーグルトで腸スッキリ!

ヨーグルトは牛乳を乳酸菌で発酵させてつくる発酵乳です。 乳酸発酵により、牛乳よりさらに吸収が良いため、積極的にとりたい食品です。   目次1 栄養成分2 効能3 選び方4 保存方法5 食べ方 …

6/19 この差って何?高血圧予防に酢ピーナッツがスゴイ!

お酢には夏バテ予防、疲労回復、脂肪燃焼などの効果が期待できます。 その他にも血圧の上昇を防いだり、血糖値上昇を防ぐといった効果も。 さらに、お酢は加熱しても成分が壊れにくいため、最強の調味料と呼ばれて …

アドセンスサイドバー




このサイトについて

現代は様々な食の情報に溢れています。
管理栄養士として食の情報を伝えていきたいと思っています。
食の大切さを感じてもらえたらうれしいです。

自己紹介

管理栄養士歴20数年。
3人の子供たちもすっかり大きくなりました。
子供が野球をやっていることもあり、プロ野球からアマチュア野球まで観戦するのが大好きです。

 

楽天