硬水と軟水の違いをご存知ですか?

食材
この記事は約2分で読めます。

私たちが毎日口にしている水。
直接「水」として飲まなくても、お茶だったり料理だったりといろいろな形で体に入ってきます。
私たちの体の60%は水でできており、食べ物を食べなくても水だけで1か月以上も生きられるそうです。
水は「硬水」と「軟水」があります。その違いを知って、上手に生活に取り入れてみませんか。

 

スポンサードリンク

「硬水」「軟水」とは?

硬水と軟水はその硬度の違いあり、カルシウムやマグネシウムの量が多いものが硬水、これらをほとんど含まないものが軟水となります。
日本の水は軟水のため、日本人は軟水の方が飲みやすいと感じます。
硬度の違いは国によって違いますが、日本での基準は以下のようになります。

硬 度
軟 水 100mg/L未満
硬 水 100mg/L以上

 

また、WHO(世界保健機関)での基準は

種 類 硬 度
軟 水 軟水 0~60mg/L未満
中硬水 60~120mg/L未満
硬 水 硬水 120~180mg/L未満
超硬水 180mg/L以上

以上のようになっています。

 

スポンサードリンク

軟水のメリット・デメリットは?

軟水のメリット

・なめらかで飲みやすい
・素材の味を邪魔しないため、料理に使用しやすい
・米は水分が吸収されやすく、ふっくら炊き上がる

軟水のデメリット

・カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類の補給ができない

 

硬水のメリット・デメリットは?

硬水のメリット

・スポーツ後のミネラル補給に適している
・マグネシウムにより便秘解消が期待できる
・ダイエット効果も期待できる
・動脈硬化予防のリスクを軽減させる

硬水のデメリット

・重々しく飲みにくい
・お腹が緩くなる場合がある
・腎臓結石のリスクが高まる

 

硬水、軟水の水はどんな商品がある?

硬水

  • クールマイヨール
  • コントレックス
  • ゲロルシュタイナー
  • サンペレグリノ
  • ペリエ
  • エビアン          など。

軟水

  • ボルヴィック
  • クリスタルガイザー
  • 南アルプスの天然水
  • いろはす          など。

 

まとめ

日本人は軟水に慣れているため、軟水の方がおいしく感じるようです。
また、素材の味を活かす日本料理にも軟水が適しています。
ただ、硬水にはミネラル分を補給できるといったメリットもあるため、目的に応じて飲むのが良いでしょう。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました