管理栄養士KIMIKOの食の情報館

私たちは食べたものできています。管理栄養士を職業とするKIMIKOが食や栄養についての情報をお知らせします。

食材

硬水と軟水の違いをご存知ですか?

投稿日:2018年5月5日 更新日:

私たちが毎日口にしている水。
直接「水」として飲まなくても、お茶だったり料理だったりといろいろな形で体に入ってきます。
私たちの体の60%は水でできており、食べ物を食べなくても水だけで1か月以上も生きられるそうです。
水は「硬水」と「軟水」があります。その違いを知って、上手に生活に取り入れてみませんか。

 

スポンサードリンク

「硬水」「軟水」とは?

硬水と軟水はその硬度の違いあり、カルシウムやマグネシウムの量が多いものが硬水、これらをほとんど含まないものが軟水となります。
日本の水は軟水のため、日本人は軟水の方が飲みやすいと感じます。
硬度の違いは国によって違いますが、日本での基準は以下のようになります。

硬 度
軟 水 100mg/L未満
硬 水 100mg/L以上

 

また、WHO(世界保健機関)での基準は

種 類 硬 度
軟 水 軟水 0~60mg/L未満
中硬水 60~120mg/L未満
硬 水 硬水 120~180mg/L未満
超硬水 180mg/L以上

以上のようになっています。

 

スポンサードリンク

軟水のメリット・デメリットは?

軟水のメリット

・なめらかで飲みやすい
・素材の味を邪魔しないため、料理に使用しやすい
・米は水分が吸収されやすく、ふっくら炊き上がる

軟水のデメリット

・カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類の補給ができない

 

硬水のメリット・デメリットは?

硬水のメリット

・スポーツ後のミネラル補給に適している
・マグネシウムにより便秘解消が期待できる
・ダイエット効果も期待できる
・動脈硬化予防のリスクを軽減させる

硬水のデメリット

・重々しく飲みにくい
・お腹が緩くなる場合がある
・腎臓結石のリスクが高まる

 

硬水、軟水の水はどんな商品がある?

硬水

  • クールマイヨール
  • コントレックス
  • ゲロルシュタイナー
  • サンペレグリノ
  • ペリエ
  • エビアン          など。

軟水

  • ボルヴィック
  • クリスタルガイザー
  • 南アルプスの天然水
  • いろはす          など。

 

まとめ

日本人は軟水に慣れているため、軟水の方がおいしく感じるようです。
また、素材の味を活かす日本料理にも軟水が適しています。
ただ、硬水にはミネラル分を補給できるといったメリットもあるため、目的に応じて飲むのが良いでしょう。

 

スポンサードリンク

-食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

新しい環境でお疲れではありませんか。そんな時にはアスパラガス!

新年度が始まり、環境が新しくなった方も多いことでしょう。 慣れない職場、学校。慣れない人間関係に神経をすり減らして「疲れた」が口癖になっていませんか。 そんな時におススメする食材は「アスパラガス」です …

牛乳飲んでますか?

子供の頃から給食でもお馴染み。 家でも毎朝飲んできた牛乳。 大人になると飲む機会が減ってきていませんか? 私たちが子供の頃は、毎日の学校給食には必ず1本牛乳がついていましたし、 土曜日には半日の学校の …

お酢の魅力♪発酵パワーで腸活のすすめ!

酢は昔から日本料理に欠かせない存在です。 寿司や酢の物、ポン酢醤油など、食卓に上がる場面も多いのではないでしょうか。 この「酢」ですが、どのように作られているかご存知でしょうか?

ふるさと納税で豚肉が届きました!豚肉の栄養は?

3月にふるさと納税で返礼品に豚肉を選びました。 食べ盛りの子供がいると、どうしても選んでしまうのはお米かお肉。 4月から三男が高校生になり、それまで給食だったのがお弁当に。 お米の消費もお肉の消費もホ …

スーパーフード・アサイーの美味しい食べ方!栄養や効能は?

皆さんは、アサイーという食べ物を知っていますか? アサイーはブルーベリーよりもだいたい一回りほど大きな実をつける植物で、その小さな一粒に豊富な栄養素を含んでいることから、「スーパーフード」「スーパーフ …

アドセンスサイドバー




このサイトについて

現代は様々な食の情報に溢れています。
管理栄養士として食の情報を伝えていきたいと思っています。
食の大切さを感じてもらえたらうれしいです。

自己紹介

管理栄養士歴20数年。
3人の子供たちもすっかり大きくなりました。
子供が野球をやっていることもあり、プロ野球からアマチュア野球まで観戦するのが大好きです。

 

楽天