管理栄養士KIMIKOの食の情報館

私たちは食べたものできています。管理栄養士を職業とするKIMIKOが食や栄養についての情報をお知らせします。

食材

こんにゃくの花ってどんな花?こんにゃくって何からできるか知ってますか?

投稿日:2018年4月20日 更新日:

私の職場に4月に入ってきた60歳を超えた女性の方(ちょっと いや だいぶ天然…)。
入社してすぐに手作りこんにゃくを作ってきてくれました!
正直、あまり興味がなかったのですが、ポン酢で食べると

おいしい♡

手作りで作るこんにゃくは粉から作るものと違って、本当においしいんです。

その後、なんと職場にこんにゃくの鉢植えを持ってきました。
「おいおい!!」って感じなんですが…

その鉢植えのこんにゃくがそろそろ咲きそうなんです💦

 

スポンサードリンク

こんにゃくの花ってどんな花かご存知ですか?

 

こんな感じらしいです。
私も初めて知りました。
どうやら臭いも強烈らしいです⤵
今はまだ咲いていないので事務所に置いてありますが、咲いたらどうしましょう(-_-;)

 

スポンサードリンク

こんにゃくの作り方

こんにゃくは「コンニャクイモ」から作ります。
ですので、こんにゃくはイモ類に属します。

一般的に売られているものはこんにゃくいもを粉にし、水を入れてこねます。
それに凝固剤(食用水酸化カルシウムなど)を入れて成形してから茹でます。

生のコンニャクイモから作る場合はコンニャクイモを茹でてからすりおろし、凝固剤を入れて成形してから茹でます。

スーパーなどで売られているこんにゃくは粉から作られているものがほとんどですが、中には生芋から作られているものもあります。
原材料表示を確認すると「こんにゃく芋」や「こんにゃく生芋」などと表示してありますので、確認してから購入してください。

 

こんにゃくの成分・栄養

こんにゃくは90%以上が水分です。
その他、グルコマンナンという水溶性食物繊維が多く含まれています。
そのため、100gで5kcalとカロリーが非常に低く、満腹感を得やすいためダイエットに向いている食材です。
また、水溶性食物繊維の作用で便秘の改善やコレステロール上昇の抑制、血糖値正常化の働きがあり、脂質異常症や糖尿病の予防にも効果的です。

その他、水酸化カルシウムを凝固剤に使用しているため、100g中108mgとカルシウムも豊富です。
なお、黒こんにゃくより白こんにゃくの方がカルシウムが多く含まれています。

 

注意点は?

こんにゃくには食物繊維が多いため、たくさん食べすぎると消化しきれず、腸に残ってしまいます。
腸内で詰まると腸閉塞になる危険性が高まりますので、1日に200g以内を目途に食べるようにしてください。

また、かむ力の弱い高齢者や幼児はつまる危険性がありますので、注意が必要です。

 

保存方法

開封前はそのまま冷蔵庫で保存します。
開封後はパックに入っていた水と一緒に冷蔵庫で保存します。

 

まとめ

カロリーが低く、食物繊維が豊富なこんにゃく。
めんつゆ+お酢+わけぎで食べてもおいしいですし、
中華ドレッシング+ごま油で食べてもおいしいです。

ダイエットに生活習慣病予防に、便秘対策に。これからも食卓に取り入れていきたいですね。

 

 

スポンサードリンク

-食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ごまといえばセサミン!どんな成分?何にいいの?

ごまといえば昔から健康維持には欠かせない食材として知られています。 テレビでもサプリメントのコマーシャルで「ごまセサミン」という言葉を聞く機会が多いですね。 それでは、ごまってどんな成分があって何が体 …

発芽にんにくを食べてみました

私は休みの日には農産物直売所に行くのが日課になっています。 場合によっては2件3件はしごすることもあります。 直売所の良い所は 新鮮な旬の野菜が手に入る そしてスーパーより値段が安い(物によってはすっ …

硬水と軟水の違いをご存知ですか?

私たちが毎日口にしている水。 直接「水」として飲まなくても、お茶だったり料理だったりといろいろな形で体に入ってきます。 私たちの体の60%は水でできており、食べ物を食べなくても水だけで1か月以上も生き …

11/3青空レストラン ビオレソリエス!?黒いちじくは味も栄養も満点!

11月3日の満天☆青空レストランでは佐賀県唐津市の「ビオレソリエス」を紹介しました。 ビオレソリエスってなに?と思われた方も多いでしょう。 私も「何それ?」と思いました💦 実はコレは「 …

夏はトマト。リコピンや3大抗酸化ビタミンで健康促進。

まもなくゴールデンウィーク。 気温も高くなり、夏を思わせる日も増えてきています。 そんな夏野菜の代名詞といえば「トマト」ですね。 「トマトが赤くなると、医者が青くなる」という言葉があるように、私たちの …

アドセンスサイドバー




このサイトについて

現代は様々な食の情報に溢れています。
管理栄養士として食の情報を伝えていきたいと思っています。
食の大切さを感じてもらえたらうれしいです。

自己紹介

管理栄養士歴20数年。
3人の子供たちもすっかり大きくなりました。
子供が野球をやっていることもあり、プロ野球からアマチュア野球まで観戦するのが大好きです。

 

楽天