管理栄養士KIMIKOの食の情報館

私たちは食べたものできています。管理栄養士を職業とするKIMIKOが食や栄養についての情報をお知らせします。

食材

たけのこのおいしい季節です。栄養はない?ある?

投稿日:2018年4月8日 更新日:

春の訪れとともに旬の食材として食卓に並ぶのが「たけのこ」ですね。
たけのこは竹の地下茎から出る若芽のこと。
たけのこの種類、栄養や効能についての情報をお伝えします。

 

スポンサードリンク

たけのこ種類

 

孟宗竹

一般的にたけのこといえば、この孟宗竹です。大型で肉厚、えぐみが少なく香り高いのが特徴です。

 

淡竹

淡竹は、孟宗竹と比べてやや細めで、黄色味を帯びています。味はあっさりめで独特のしゃきっとした歯ざわりが特徴。面倒なあく抜きをしないで食べられます。

 

真竹

昔から日本にあったとされ、一部野生も見られる細身みの竹。やや苦みがありアクも強いが野趣あふれる滋味が魅力。新鮮なものは刺身でも食べられます。収穫は6月と遅めです。

 

根曲がり

別名「姫竹」と呼ばれる根曲がりは、北海道や東北地方、鳥取までの日本海側に分布する山菜として人気。えぐ味が少なく香りもあります。あく抜きをしないでも食べられます。非常に柔らかく、雪の重みで根元から曲がって育つそうです。

 

スポンサードリンク

選び方

根元に赤いブツブツがなく、切り口が白くてみずみずしいものを選びます。
全体がずんぐりとしていて重みがあり、先端の色が黄色っぽいものが良いでしょう。
皮は淡黄色でツヤがあるものが新鮮です。

 

栄養・効能

あまり栄養がなさそうなたけのこですが、そんなことはありません。
たけのこにはロイシン、アスパラギン、グルタミン酸などのアミノ酸が多く、これらのアミノ酸がうまみ成分となります。
必須アミノ酸のロイシンは、運動時のエネルギー源となります。アスパラギンとともに疲労回復効果も期待できます。
ゆでたたけのこに見られる、白い粉。これは神経伝達に関わるチロシンというアミノ酸で、これもうまみの元となります。
他には何といっても食物繊維が豊富です。
不溶性食物繊維のセルロースが豊富で、腸内環境を改善する働きをするので、便秘解消、美肌の維持、がん予防に効果が期待できます。
カリウムも多く、茹でても減りにくく、血圧を下げる手助けをしてくれます。

 

おすすめの調理方法

腸内環境の改善に働く食物繊維が豊富なたけのこは消化されにくいのが難点。
やわらかく消化されやすい状態になる煮物がおすすめです。
下処理は皮を2枚ほどむいて先端を切り落とし、米ぬかととうがらしを加えて下茹でするとアクがきれいに抜けます。
鮮度が大切な食材なので、購入したらすぐに下処理をします。

 

保存方法

生のまま保存すると劣化が早いため、下茹でし、密封容器に茹で汁と一緒に冷蔵庫に保存すれば3日ほどもちます。
毎日水を替えれば1週間ほどもちます。

今の時期が旬のたけのこ。下処理がちょっと面倒なんて思ってしまいますが、ひと手間をかけおいしく旬を味わいたいですね。

 

スポンサードリンク

-食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

乳酸菌がおなかの調子を整えるヨーグルトで腸スッキリ!

ヨーグルトは牛乳を乳酸菌で発酵させてつくる発酵乳です。 乳酸発酵により、牛乳よりさらに吸収が良いため、積極的にとりたい食品です。   目次1 栄養成分2 効能3 選び方4 保存方法5 食べ方 …

11/24青空レストラン「黒舞茸」栄養や効能と黒い汁の秘密は?

舞茸は体に良さそうなイメージがありますね。 ダイエットやがん予防にも効果が期待できるとテレビで取り上げられ、 その効果が気になっている方もいるのではないでしょうか? その舞茸のなかでも「黒舞茸」とは、 …

発芽にんにくを食べてみました

私は休みの日には農産物直売所に行くのが日課になっています。 場合によっては2件3件はしごすることもあります。 直売所の良い所は 新鮮な旬の野菜が手に入る そしてスーパーより値段が安い(物によってはすっ …

満天☆青空レストラン「わらび」の栄養・効能と本物のわらび餅

春の味覚である「山菜」。 6/2放送の満天☆青空レストランでは、山菜の代表格である岩手県西和賀町の「わらび」が登場しました。

夏はトマト。リコピンや3大抗酸化ビタミンで健康促進。

まもなくゴールデンウィーク。 気温も高くなり、夏を思わせる日も増えてきています。 そんな夏野菜の代名詞といえば「トマト」ですね。 「トマトが赤くなると、医者が青くなる」という言葉があるように、私たちの …

アドセンスサイドバー




このサイトについて

現代は様々な食の情報に溢れています。
管理栄養士として食の情報を伝えていきたいと思っています。
食の大切さを感じてもらえたらうれしいです。

自己紹介

管理栄養士歴20数年。
3人の子供たちもすっかり大きくなりました。
子供が野球をやっていることもあり、プロ野球からアマチュア野球まで観戦するのが大好きです。

 

楽天