管理栄養士KIMIKOの食の情報館

私たちは食べたものできています。管理栄養士を職業とするKIMIKOが食や栄養についての情報をお知らせします。

食材

新しい環境でお疲れではありませんか。そんな時にはアスパラガス!

投稿日:2018年4月6日 更新日:

新年度が始まり、環境が新しくなった方も多いことでしょう。
慣れない職場、学校。慣れない人間関係に神経をすり減らして「疲れた」が口癖になっていませんか。
そんな時におススメする食材は「アスパラガス」です。
旬も5月から6月ですので、これからがおいしい食材です。

 

スポンサードリンク

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガス

スーパーなどで売られているはグリーンアスパラガス。一方、缶詰などで流通しているのはホワイトアスパラガス。
実は、この2つは同じ品種です。
芽が出る前に土寄せして光合成をさせず、地上に出る前に収穫するのがホワイトアスパラガスです。
白く、やわらかく育てます。高級食材として扱われることも多いです。
それに対してグリーンアスパラガスは日光を浴びせて育てます。

 

スポンサードリンク

栄養と効能

グリーンもホワイトも同じ品種ではありますが、栄養価ではグリーンアスパラガスの方がβカロテン、ビタミンE、ビタミンB群が豊富に含まれ、ホワイトアスパラガスは鉄が多く含まれているなどの違いがあります。
グリーンアスパラガスはその栄養成分から細胞の老化防止、美肌、白内障の予防が期待できます。
アスパラガスから発見されたアミノ酸の一種、「アスパラギン酸」は疲労物質である乳酸の分解や新陳代謝、たんぱく質の合成を促し、疲労回復や体力アップに役立ちます。
そのため、アスパラガスは疲れた時におススメの食材と言われています。
また、穂先に含まれるルチンは血行を促進し、毛細血管を丈夫にする働きがあり、高血圧や動脈硬化の予防に効果的です。

 

保存方法

グリーンアスパラガスは鮮度が低下しやすく、時間が経つと固くなるため、新鮮なうちに調理しなくてはなりません。
保存するときは、根元を切り、はかまを取ってからラップで包み、野菜室に立てて入れます。
2~3日以内に使い切るとよいでしょう。

 

選び方

穂先がしまっており、緑色が濃く、太いものがおいしい。
根元の切り口が茶色いものは鮮度が良くないため、避けた方が良いでしょう。

 

栄養価を引き出す調理方法

βカロテン、ビタミンC、Eといったビタミン類とアミノ酸をバランスよく含むアスパラガス。
βカロテンとビタミンEは脂溶性のため、油と合わせることで吸収率が高まります。
ただ、ビタミンCは熱に弱いので、長時間加熱することは避け、さっと炒める程度にした方が良いでしょう。
斜め薄切りにすれば火が通りやすく、食感を残しながら風味が出るので食欲がわきます。

 

スポンサードリンク

-食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夏はトマト。リコピンや3大抗酸化ビタミンで健康促進。

まもなくゴールデンウィーク。 気温も高くなり、夏を思わせる日も増えてきています。 そんな夏野菜の代名詞といえば「トマト」ですね。 「トマトが赤くなると、医者が青くなる」という言葉があるように、私たちの …

スーパーフード・アサイーの美味しい食べ方!栄養や効能は?

皆さんは、アサイーという食べ物を知っていますか? アサイーはブルーベリーよりもだいたい一回りほど大きな実をつける植物で、その小さな一粒に豊富な栄養素を含んでいることから、「スーパーフード」「スーパーフ …

ご飯のお供「ぎばさ」とは?その驚きの効果!

毎日の食事は栄養バランスを考えて、彩りもよく作りたいものですが、 現代人は忙しく、料理に時間をかけていられない時もあります。 そんな時のお助け食品、「ご飯のお供」。 卵かけごはんや明太子などが一般的で …

味噌は免疫力を高める発酵食品。簡単レシピの味噌玉を作ろう!

日本に古くからある調味料。 それは「味噌」。 味噌はしょうゆよりも古い歴史があり、中国から伝わった「醤(ひしお)」が起源と言われています。 醤は肉や魚、大豆などに塩を加えたもので、大豆から作られた醤か …

硬水と軟水の違いをご存知ですか?

私たちが毎日口にしている水。 直接「水」として飲まなくても、お茶だったり料理だったりといろいろな形で体に入ってきます。 私たちの体の60%は水でできており、食べ物を食べなくても水だけで1か月以上も生き …

アドセンスサイドバー




このサイトについて

現代は様々な食の情報に溢れています。
管理栄養士として食の情報を伝えていきたいと思っています。
食の大切さを感じてもらえたらうれしいです。

自己紹介

管理栄養士歴20数年。
3人の子供たちもすっかり大きくなりました。
子供が野球をやっていることもあり、プロ野球からアマチュア野球まで観戦するのが大好きです。

 

楽天